護身術 クラヴマガ PART-2(胸ぐら) by 阿部大史

第二回目は、「胸ぐらを掴まれた時」の動きをご紹介します。

ポイントは、

①胸ぐらを掴んだ相手の手と自分の間にスペースをつくり、

②相手の手と反対側の腕(相手が右手で掴んでいる場合は、左腕)を上から一回転させる。

自分に対して緊急の危険がおよんでいる場合は、素早く打撃や投げに移ります。

クラヴマガ・ジャパン http://www.kravmaga.co.jp/

 クラヴマガ・ジャパンインストラクター 阿部大史