日本古流柔術 氣慎塾 其ノ二

氣慎塾 日本古流柔術 基本編 四主術理「張封」の中から、「初伝 攻崩(座技)」「初伝 抜手」「初伝 小手返」をご紹介します。「張封」は、丹田呼吸が生み出す「身体張力」を用いて敵の力を封じるもの。覚醒された丹田は、正に「身体張力」という表現がぴったりの力を発揮します。実際に組むと分かりますが、その押し寄せるような圧倒的な力は不思議です。