避難所における心と体の改善ストレッチ

この度の東日本大震災により避難所生活を強いられている皆様へ

東日本大震災により被災された多くの方々が避難所生活を強いられています。
避難所生活は、狭い中で多くの方々との生活になるため、エコノミー症候群、ロコモティブシンドローム(運動器の障害により要介護が必要となるリスクが高くなる状態)という症状にかかりやすくなり、また心のストレスも伴ないます。

今回は、全身の血液の流れを良くすることで、エコノミー症候群の予防だけではなく自律神経のひとつである交換神経の値を下げ、心のストレスを軽減すると言われるストレッチをご紹介します。

このストレッチを行うことで、一人でも多くの方が体と心の不安を軽減できることを心より願っております。

ストレスを解消し、良く眠れ、簡単に継続して行いやすいストレッチです。是非おこなってください。

岩井隆彰

1件のコメント

ただいまコメントは受け付けていません。