外国人と日本人 〜 体の使い方の違い 〜 PART-3 by 永田克彦

シドニー五輪メダリストである永田克彦さんは「日本人に足りないもの・・・つまり“根元から動く”ことができれば、欧米人に力負けしない。」と断言します。今回は、欧米人と日本人の下半身の動きの違いです。

欧米人は、股関節周りを主導とした動きができます。それは生まれながらにして骨盤が立っているから。日本人の多くは骨盤が後傾しているため、股関節周りを大きく使うことができません。しかし、下半身の動きは、正しいスクワットなどによって骨盤を立て、股関節主導の動きに修正することが可能です。

確かに永田さんがスクワットを指導すると、ほとんどの人がお尻からハムストリングに効くと証言します。自重スクワットを数十回やるだけでも筋肉痛になるほどです。世界の頂点で戦ってきた永田さんのトレーニングはやはり実践的です。

ご興味のある方はコチラ http://nagatamovies.icofit.net/

DVDご希望の方はコチラ https://ico.stores.jp/#!/