ベーシックストレッチ:ももの表側〜股関節

座位から展開されるストレッチング種目を組み合わせたものです。少し難易度が上がりますので、注意深く行いましょう。

1) ももの表側のストレッチング

床の上に横になり、上にある側のももの表側の筋肉をストレッチします。胸を張り、腰を少し押し出すようにすることで、ももの表側の筋肉の中でも一番大きい「大腿直筋」を伸ばすことができます。

ビデオ指導の都合上、右の姿勢から左の姿勢へ大きく体を入れ替えていますけど、ご自身で行う場合はいったん横になって、反対側を向いてもかまわないですよ。

2) 股関節のストレッチング

両足の裏を合わせ、なるべく股関節のほうへ近づけます。この状態から、なるべく両膝を下側へ落とします。無理のない範囲であれば、両手で両膝を押してあげてもかまいません。

できる人はこの状態から背筋を伸ばしたまま、股関節から折っていくように上半身を前に倒していきます。主に股関節の内側が伸びているのが分かると思います。体が柔らかい人は両足に胸がぴったりつくくらいになりますが、ここまで倒せると股関節の横から後ろ側の筋肉が伸びている感触も得られると思います。

2002年、松下電器産業株式会社様(当時)とICO / Fitness Club Onlineが共同制作したムービーです。Panasonic hi-hoでの公開停止に伴い、2005年にICOで引き取らせていただきました。

インストラクション:吉田美穂
監修:中原 雄一