競歩 PART-2 by 日本競歩を強くする会

日本は「競歩」の強豪国と言われています。次のオリンピックでは金メダリストがでる可能性も高く、陸上界ではマラソンに次ぐ競技として期待されています。その「競歩」の魅力について、今回は日本陸連審判部員である藤崎明先生に話を伺いました。

「競歩」と言えば、誰もが「あの変わった歩き方のやつ・・・」とイメージするでしょう。競歩の基本的なルールは「走ってはいけない」ということ。つまり「両足が同時に地面から離れてはいけない」「着地した時に、膝を曲げてはいけない」ということ。このルールを守りながらスピードを競うと「あの歩き方」になります。と言っても、実際に競技として必死にならなければ、思ったほど変な歩き方ではありません。むしろ歩幅を広げるために腰をひねるので、(実際にやらせていただきましたが)腰・おしりまわりの筋肉が刺激されているのがわかります。膝への負担も少ないので、関節に不安を抱えているランニング愛好家の方や健康づくりを目的にしたスポーツ愛好家の方、そしてプロポーションづくりに関心のある女性の方にお勧めです。一度、チャレンジしてみてください。次回は、歩き方をご紹介します。

日本競歩を強くする会 http://www.makinomikai.or.jp/tsuyokusurukai.index.htm