今回は短剣道の応用技と試合稽古をご覧いただきます。特に、相手の体を制して突く「制体技」は一般の剣道では見ることができない珍しい技です。

ご覧いただくとわかると思いますが、短剣道は「制体技」を除いて剣道に似ています。剣道経験者なら、すぐにできるそうです。ただ最初は、そのスピードと間合いの近さにかなり戸惑うとのこと。また実際の試合では、その速さゆえに審判をかなり悩ませるそうです。

撮影余話

今回の撮影は、日本武道館の中にある道場で錬士五段以上の有段者の方々にご協力いただきました。試合稽古では、素人から見ると優劣がわかりにくく感じますが、それは実力が拮抗しているからです。恐らく短剣道ほど実力の差が明確になる武道はないでしょう。腕に自信のある剣道の有段者が、剣道に似ているからと言って、安易に挑んだら、あっという間に勝負がついてしまう…そんな印象を受けました。

紅一点、中野渡選手。彼女は剣道からの転身です。何年前に転身したかは言いませんが、幸運なことに通っていた剣道道場で短剣道と銃剣道を習ったそうです。数多くはありませんが、町道場でも短剣道や銃剣道を教えてくれるところがあるんですね・・。もし興味がありましたら、全日本銃剣道連盟へお問合せください。

 公益社団法人 全日本銃剣道連盟