ペタンク PART-2 by 日本ペタンク•ブール協会

今回は、公益社団法人日本ペタンク・ブール協会事務局長の小成裕之さん、そして東京都ペタンク協会の細田礼子さんにペタンクのルールを解説していただきました。ルールはとても簡単。実際にゲームをやりながら教えていただきました。

ペタンクのルールはとても簡単。目標となるオレンジ色のビュットにボールの近いチームが得点の権利を得ます。相手チームの一番ビュットに近いボールより内側にあるボールの数が得点数になります。「ティール」と言って相手チームのボールを弾き飛ばしビュットから遠ざけることもできるため、高度なボールコントロール技術が勝敗を左右します。(カーリングをイメージすれば分かりやすいかもしれません)

ビュットから遠いチームがボールを投げるのですが、相手ボールの持ち球がなくなったら、続いてもう一方のチームも、持ち球がなくなるまで投球します。つまり、相手の持ち球の数を意識しながら「ティール」を上手く使って相手ボールをビュットから遠ざけ、如何に相手チームより多くの球をビュットに近い状態をつくるかが勝負の分かれ道。両チームの持ち球全てを投球し終わったら、1メーヌ(セット)終了。この時点で得点を数えます。先に13点を獲得するまでメーヌ(セット)を続けます。どうです?意外と簡単なルールでしょ?簡単だから難しいんですよね・・・。

公益社団法人日本ペタンク・ブール協会 http://fjpb.web.fc2.com/

Mon soleil(モンソレイユ) http://www.monsoleil.info/