シュートボクシング PART-4 by 鈴 木 悟

シュートボクシングスーパーウェルター級チャンピオン鈴木悟選手のインタビュー第四弾。「チャンピオンのトレーニングは、かなりハードだろう・・・」と思いがちだが、鈴木選手が重要視しているトレーニングはシャドーとサンドバック打ち。特にシャドーによって「空振り」することが試合に必要なスタミナにつながると言う。一般的に試合中の「空振り」は「体力消耗」につながると聞く。しかし鈴木選手は「空振り」してもほとんど疲れることがない。なぜか?それはシャドーもしくはサンドバック打ちを通して、一つ一つの動作に慣れ、スタミナを消費しないでパンチが打てるから。まだキックについてはパンチの域に達していないが、それでも近づきつつあるようだ。

一般的には「疲れないようにスタミナをつける」と考えがちだが、彼は「疲れないようにスタミナを消費しない」という考え方。36歳の現役チャンピオンだから説得力がある。

 

鈴木悟facebook  http://www.facebook.com/FighterSatoru

バンゲリングベイ http://bungelingbay.com/

アスリートエール http://www.athleteyell.jp/