第18回全日本短剣道大会 女子個人戦 決勝

第18回全日本短剣道大会 女子個人戦の決勝戦は、山口あや子選手と青柳みさえ選手の対戦となりました。山口選手は優勝回数も多く、短剣道界では不動の存在です。一方、青柳選手は第6回大会優勝から長いブランクを経て前回大会で優勝した実力者。

この両者の決勝対決を楽しみにしていました。最近の短剣道は、剣道実力者が上位に勝ち上がってくる傾向があり、その影響でしょうか・・・剣捌きが変化していると感じていました。青柳選手も自衛隊で剣道の技を磨いたとのこと。女子短剣道戦国時代到来の予感。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です