日本古流柔術 氣慎塾 其ノ十

氣慎塾 日本古流柔術 応用編「奥伝 肩押裏小手返極捕」(中伝陰合技)です。関節極めの連続で、敵へのダメージも最大級。スロー映像を見ると「これでもか!」と思うほど関節を攻めています。小嶋主範が相手の関節を感じながらスピードをコントロールしていますが、実戦の場なら敵の関節は破壊され、痛みで動けなくなります。日本古流柔術と聞くと、伝統的な技の継承をイメージしがちですが、氣慎塾では日本古流柔術を実戦の技として追求していると言えます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です