第18回全日本短剣道大会 個人戦 成年B 決勝

第18回全日本短剣道大会 個人戦成年Bの部(36歳以上50歳以下)の決勝戦は、小川直希選手と山口徹選手の対戦となりました。小川選手は前回大会成年Aの部で優勝。それ以前の大会でも優勝経験があります。一方山口選手は第13、14大会(成年Aの部)で連覇した実績があります。心技体が最も充実している成年Bの部は、全日本短剣道大会の中で最も見応えのある試合と言えます。