日本古流柔術 氣慎塾 其ノ九

日本古流柔術 氣慎塾 応用編「高伝 短刀捕」(横面打手刀極捕応用)です。短刀の軌道を外すと同時に敵の横面を攻撃し関節を極めにかかります。護身術というより逮捕術と言えます。普通のスピードで対処すれば、敵の関節は完全にボロボロになります。撮影のため手加減しているものの、それでも関節がポキポキ悲鳴をあげていたため、撮影回数を制限せざるを得ませんでした。