女子セパタクロー 2 by 女子日本代表

今回は、タッピング、アタック、サーブをご紹介します。「タッピング」は格闘技のカカト落しのように足を振り上げ、ネットの近くにボールを落とします。最近女子日本代表が強化しているワザです。

アタックは皆さんご存のようにアクロバティックで、サッカーマンガにでてくるスーパーシュートを見ているようです。セパタクロー女子日本代表がなでしこジャパンに加入したらワールドカップの2連覇、そして五輪金メダルも獲れそうな気がしてきます。

サーブは、投げてもらったボールを相手コートに蹴りいれます。ボールにはアタックに近い勢いがあり驚きました。練習を見ていると結構サーブを頭でレシーブすることが多く、驚き倍増です。顔に当たってしまいそうで見ている方がハラハラします。が、そこはやっぱり日本代表!そのようなことは一度もありませんでした。

 

撮影余話

女子セパタクロー日本代表は、とても明るいチームです。今回インタビューに応えてくれた若手のうち(誰とは言いませんが)3人は、練習が始まる前に歌を歌っていました。しかもかなり上手い。ハモったりしていました。インタビューの時は緊張していたと思うのですが、練習前は「歌なら、いつでも、いくらでも歌いますよ!」との明るいノリ。でもなぜか歌っていたのはスピッツのロビンソンだけだった。(10回以上歌っていた)あの歌って15年以上前の曲だったような気がします。なぜ今スピッツなのか?しかも若手・・・聞けばよかった・・・。

日本セパタクロー協会HP  http://jstaf.jp/

奥 千春 オフィシャルブログhttp://ameblo.jp/sepaktakraw-chiharu/

青木 沙和 オフィシャルブログhttp://ameblo.jp/sawa73sawa/

増田 蕗菜 ブログhttp://ameblo.jp/fu–1229/

アスリートエール http://www.athleteyell.jp/

1件のコメント

ただいまコメントは受け付けていません。