神道夢想流杖術 特集

神道夢想流杖術は、今から約400年前夢想権之助勝吉によって創始され、現在「杖道」と言えば、ほぼ神道夢想流杖術をさします。

流祖夢想権之助は、有名な剣客と数多く試合をし無敗の剣豪でしたが、宮本武蔵の二天一流の極意である十字留にかかり、押すことも退くことも出来ず敗れ、それ以来権之助は武者修業をして諸国を遍歴し、武蔵の二天一流十字留打破に工夫専念。数年後、三尺二寸の太刀より一尺長くして四尺二寸一分(約128cm)、直径八分(約2.4cm)の樫の丸木を作りこれを武器とし、槍、薙刀、太刀の三つの武術を総合した杖術を編み出し、遂に宮本武蔵の十字留を破ったと伝えられています。

其の三

其の二

其の一