シュートボクシング PART-1 by 鈴木 悟

シュートボクシングスーパーウェルター級チャンピオン鈴木悟選手のインタビュー第一弾です。ボクシング日本ミドル級チャンピオンとして9度の防衛に成功しながら世界挑戦への機会がなく、モチベーションが下がっている時にK-1参戦の話が。空手の経験もある鈴木選手は

「まあ、ボクシングにキックが加わっただけ」と甘い考えでK-1に参戦します。しかし、K-1で受けたキックの衝撃は、それまで味わったことがないほど痛かったそうです。キックをもらうだけの散々な試合だったそうです。この試合から連戦連敗がはじまりましたが、鈴木選手の独特なファイティングスタイルが生まれる第一歩でもありました。

鈴木悟facebook  http://www.facebook.com/FighterSatoru

バンゲリングベイ http://bungelingbay.com/

アスリートエール http://www.athleteyell.jp/