Tag Archives: 珍しい武道

025月/14

躰道 予告編

躰道(たいどう)とは、祝嶺正献最高師範が沖縄の「手(ティー)」を母体として昭和40年に創始し、体系化した武道。そのアクロバティックな動きに注目されがちですが、今回の取材で一番驚いたことは躰道が人間育成を目的にした武道であRead More…

044月/14

全日本短剣道大会 決勝3

平成26年2月22日に日本武道館で開催された第13回全日本短剣道大会の団体戦決勝の模様です。この日一番の歓声が沸いた試合になりました。 今大会では、もちろん女子の団体戦もありました。しかし成年の部の団体戦でも、時々女性のRead More…

283月/14

全日本短剣道大会 決勝2

平成26年2月22日に日本武道館で開催された第13回全日本短剣道大会の女子個人戦、男子個人戦(51歳以上の部)決勝戦の模様です。 女子の個人戦では、昨年exfitTVの取材にご協力いただきました中野渡弥生選手が山口あや子Read More…

2611月/13

銃剣道 其の二

国体競技でもある「銃剣道」は、競技人口の多くが自衛隊員というとても珍しい武道です。もちろん銃剣道を教える学校や町道場はありますが、なかなか見る機会がありません。今回は、応用技と試合稽古です。 銃剣道で使用する木銃は樫ででRead More…

2211月/13

短剣道 其の二

今回は短剣道の応用技と試合稽古をご覧いただきます。特に、相手の体を制して突く「制体技」は一般の剣道では見ることができない珍しい技です。 ご覧いただくとわかると思いますが、短剣道は「制体技」を除いて剣道に似ています。剣道経Read More…

1911月/13

短剣道 其の一

短剣道には「胴」や「喉」への突き技、「小手」や「面」への打ち技、そして相手の竹刀を持っている腕を押さえたり抱え込むなど「相手の体を制して突く」制体技があります。 短剣道では、竹刀を片手で持ち、もう一方の手は「制体技」の時Read More…

1511月/13

銃剣道 其の壱 by 全日本銃剣道連盟

幕末、剣がついた銃が輸入されるようになった。その使用法として研究されたのが当時日本で盛んだった「槍術」との融合。そして1894年(明治27年)、津田一伝流の津田教修が「宝蔵院流槍術」を参考に考案し、日本式銃剣術(銃槍術)Read More…

1211月/13

銃剣道 予告編 by 全日本銃剣道連盟

競技人口の多くが自衛隊の方々という銃剣道。戦後、長い間行われなかったのですが、昭和31年、全日本銃剣道連盟の設立によって再興されました。突き技だけの武道なのですが、実に奥の深い武道です。 今回の撮影前に、国体で行われていRead More…

0811月/13

短剣道 予告編 by 全日本銃剣道連盟

1919年(大正8年)に小太刀の技法を取り入れて研究され、1921年(大正10年)に短剣術として正式化されたのが短剣道の起源。戦後、長い間行われていなかった短剣術は、1978年(昭和53年)、全日本銃剣道連盟によって「短Read More…