第三回全日本琉球古武道選手権大会 硬式組手

第三回全日本琉球古武道選手権大会 硬式組手の決勝戦は、與儀清斗選手と前回大会優勝した塚本翔太選手の対戦となりました。

何と言っても琉球古武道硬式組手の魅力は、武器と徒手による攻撃が認められていること。ポイントを稼ぎやすい下段(脛)への攻撃が多いことが気になりますが、いずれその攻撃をかわす技術やルールが確立されるでしょう。まだまだ発展途上の硬式組手ですが、将来期待できる競技であることは間違いありません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です