日本古流柔術 氣慎塾 其ノ六

日本古流柔術 氣慎塾では「段階稽古法」という稽古方法を実践しています。技の起こりの「封じ」から「崩し」までを「掛止」、「封じ」から「崩し落とす」「投げる」までを「極止」、「封じ」から「極め」までを一呼吸で行う「掛極」の三段階に分けた稽古法。関節などへのダメージを最小限に留めながら、改善が必要な箇所を集中し何度も繰り返し稽古できます。この稽古法によって上達のスピードが格段に上がります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です