高木揚心流柔体術 総集編

「高木楊心流柔体術」は江戸初期に高木折右衛門が創始し、二代目高木馬之輔が全国を武者修行で廻り様々な流派を取り入れ大成されたと言われています。そして三代目高木源之進が九鬼神伝流の大国鬼平と試合をし、それが縁となり四代目を大国鬼平が継ぎ、同時に九鬼神伝流の棒術が併伝されるようになったと言われています。

武神館 手塚道場

其の二

其の三