平成26年4月20日(日)。日本武道館で行われた第58回全日本銃剣道優勝大会防衛省第一部決勝戦 42普通科連隊(熊本)対22普通科連隊(宮城)戦の中堅、副将、大将戦です。前回に引き続き、物凄い迫力の真剣勝負です。武道に興味のない方も是非ご覧下さい。

日本の銃剣術は、明治時代にイギリス式やフランス式を採用するはずだったのですが、足捌きや外国人との体格の違いから、結局外国式は日本人に合わず、独自に考案されたものです。聞くところによると日本の銃剣術は外国の銃剣術と全く違うそうです。外国はフェンシングのようなスタイルらしい。一方、日本の銃剣術は槍術がベースになっています。そして、もうひとつ興味深いのは、銃の先についた剣は脱着荷能で、その短い剣を使用する術の発展系が、現在の短剣道につながっているそうです。

公益社団法人 全日本銃剣道連盟