2018年7月8日に「第二回全日本琉球古武道選手権大会」が開催されました。今回は一般男子の硬式組手の第一試合をご紹介します。琉球古武道では、空手と武器の両方を習得して一人前と言われ、硬式組手は、まさに琉球古武道の実戦を再現したもの。まだ参加人数は少ないものの、とても興味深い競技です。

ルールは、3本先取り。基本的には、防具がつけてある箇所への攻撃のみで、技あり2つで1本となります。もちろん空手(突きや蹴り)もポイントになります。

協力:一般社団法人全日本琉球古武道連盟