<PR>キッズレスリング by レッスルウィン

シドニー五輪銀メダリストであり現役のプロ総合格闘家として活躍している永田克彦さん主宰の格闘スポーツジム「レッスルウィン」の「キッズレスリング」幼児クラス紹介です。ここ数年、キッズレスリングは注目され、習う子供たちが増えています。「体育」としてはもちろんですが、何と言ってもレスリングは「努力が必ず結果として現れるスポーツ」なので「心を強くする」という意味が大きいでしょう。

永田先生曰く「勝ち負けは大切。そして負けた時の悔しさを忘れないことが大事」だと言います。「悔しさを忘れなければ、練習も真剣になり、その結果が必ず次の試合に現れる。レスリングを通じて、努力は必ず結果として現れることを子供に教えてあげたい」と言います。これは永田先生の実体験からの言葉なのでとても

説得力があります。負けたら、相手より努力が足りなかった・・・決して運ではない・・それがレスリングの素晴らしさだと言えます。

 

レッスルウィン http://www.wrestle-win.com/