Tag Archives: 銃剣道

2211月/13

短剣道 其の二

今回は短剣道の応用技と試合稽古をご覧いただきます。特に、相手の体を制して突く「制体技」は一般の剣道では見ることができない珍しい技です。 ご覧いただくとわかると思いますが、短剣道は「制体技」を除いて剣道に似ています。剣道経Read More…

1911月/13

短剣道 其の一

短剣道には「胴」や「喉」への突き技、「小手」や「面」への打ち技、そして相手の竹刀を持っている腕を押さえたり抱え込むなど「相手の体を制して突く」制体技があります。 短剣道では、竹刀を片手で持ち、もう一方の手は「制体技」の時Read More…

1511月/13

銃剣道 其の壱 by 全日本銃剣道連盟

幕末、剣がついた銃が輸入されるようになった。その使用法として研究されたのが当時日本で盛んだった「槍術」との融合。そして1894年(明治27年)、津田一伝流の津田教修が「宝蔵院流槍術」を参考に考案し、日本式銃剣術(銃槍術)Read More…

1211月/13

銃剣道 予告編 by 全日本銃剣道連盟

競技人口の多くが自衛隊の方々という銃剣道。戦後、長い間行われなかったのですが、昭和31年、全日本銃剣道連盟の設立によって再興されました。突き技だけの武道なのですが、実に奥の深い武道です。 今回の撮影前に、国体で行われていRead More…

0811月/13

短剣道 予告編 by 全日本銃剣道連盟

1919年(大正8年)に小太刀の技法を取り入れて研究され、1921年(大正10年)に短剣術として正式化されたのが短剣道の起源。戦後、長い間行われていなかった短剣術は、1978年(昭和53年)、全日本銃剣道連盟によって「短Read More…