2017年7月2日に行われた「第一回全日本琉球古武道選手権大会」師範演武より、今回は、琉球古武道協会泰正館館長 全琉連公認六段錬士 田中泰一先生の「津堅砂掛けのエーク」をご紹介します。

エークとは、船を漕ぐ「櫂(かい)」のこと。漁民によって開発された型です。砂を掛け、目潰しをして、斬る。エークが振り下ろされた時の角度が恐ろしいです。