Tag Archives: 正木流

1811月/16

正木流萬力鎖術 総集編

今から260年程前、江戸城大手門の警備を任された美濃大垣藩士正木太郎大夫利充によって創始された「正木流萬力鎖術」。大手門門前を血で汚すことなく曲者を制圧するために考案されたのが70センチ弱の鎖の両端に分銅をつけたシンプルRead More…

121月/16

江戸町方十手捕縄扱い様 予告編

十手と言えば、時代劇には欠かせない武器。十手のような武器で容疑者を逮捕できるのか…誰もが疑問を抱くのではないでしょうか?しかし「十手術」と言われるように、十手は日本諸国で定着した武器術でした。1700年代、八代将軍徳川吉Read More…

0611月/15

正木流併伝 鎖鎌術 其之一

正木流萬力鎖術と合わせて伝承されている鎖鎌術。萬力鎖術の流祖である正木太郎太夫利充が先意流薙刀術の名手であったことから、併伝されるようになったと言われています。先意流に鎖鎌術が含まれていたことは確かですが、先意流の伝承がRead More…