Tag Archives: 柔術

146月/16

高木楊心流柔体術 其之二

「高木楊心流柔体術」初伝の表型「洞返」「虚倒」「行違」「唯逆」をご紹介します。「高木楊心流柔体術」は、力に頼らない、柳のようにしなやかに動き相手を制することが特徴です。手塚先生曰く「型は、あくまでも動きを習得するためなのRead More…

106月/16

高木楊心流柔体術 其之一

「高木楊心流柔体術」について武神館武道体術士道師 手塚航先生に話を伺いました。「高木楊心流柔体術」は江戸初期に高木折右衛門が創始し、二代目高木馬之輔が全国を武者修行で廻り様々な流派を取り入れ大成されたと言われています。そRead More…

076月/16

高木楊心流柔体術 予告篇

戸隠流忍法に引き続き、世界が認める忍者マスター初見良昭宗家の武神館で伝承されている「高木楊心流柔体術」を、武神館武道体術士道師 手塚航先生がご紹介します。江戸初期に創始された高木楊心流柔体術は、竹内流柔術をはじめ全国の様Read More…

104月/15

天然理心流 其之三

天然理心流は、寛政年間(1789~1800年)に近藤内蔵之助が創始した武術で、その源は鹿島神道流と伝えられています。天然理心流は天下太平の江戸時代に創始されたにも関わらず、剣術、柔術、棒術など古武術の流れを継ぎ、真剣勝負Read More…

262月/15

澁川一流 柔術 演武

広島の農村地帯において護身の技法を中心として伝承されてきた「澁川一流柔術」。その形は徒手に対して徒手や懐剣、三尺棒、刀などの仕掛けに応じる術と、棒術、十手術、分童術、鎖鎌術、居合術などの得物を用いる術から成り立っていますRead More…

172月/15

竹内流柔術 腰廻小具足 演武

戦国時代、当時としては珍しく、生け捕りにする発想から編み出された竹内(たけのうち)流柔術。その歴史は480年以上にもなります。小刀を使う小具足組討と素手の組討(羽手と呼ばれる拳法体術)が有名で「柔術の源流」とも呼ばれていRead More…