Tag Archives: 戸隠流忍法

1511月/16

戸隠流忍法 総集編

忍者マスターとして世界的に知られている初見良昭ご宗家「武神館」の武道体術士道師である手塚航先生による「戸隠流忍法」の総集編です。修験術と伊賀流忍法により創始された戸隠流忍法。見た目は地味に見える術が多いのですが、それは戸Read More…

315月/16

戸隠流忍法 其之三 戸隠流の型

戸隠流忍法は、主に「体術受身型」「忍返型」「秘伝型」「鼠逃遁甲型」「秘剣術」のほか「隠形術」や「忍者八門」「十八形」等によって構成されています。今回は「鼠逃遁甲型(サントウトンコウガタ)」の中から「片腕遁走型」「首筋遁走Read More…

275月/16

戸隠流忍法 其之二 基本編

今回は「戸隠流忍法」の基本編として、基本八法から「巌石」「飛鳥」、八方蹴りから「すくい蹴り」とその応用をご紹介します。これらは武神館で習う事ができる九流派の基本となります。 一般の人から見ると古武術などには「え?本当に効Read More…

245月/16

戸隠流忍法 其之一

今回は、武神館武道体術士道師である手塚航先生に戸隠流忍法について話を伺いました。忍法と言えば忍者が使う華麗で不思議な技を想像しがちですが、実際は全く違います。まず「相手を殺すこと」が目的ではなく、「どんなことがあっても生Read More…

205月/16

戸隠流忍法 予告編

戸隠流(とがくれりゅう)忍法は、平安時代末期、戸隠山で修験道を学び、木曾義仲に仕えた仁科大助(戸隠大助)が源平合戦に破れた後、伊賀に逃れ、伊賀流忍術を取り入れて完成させたと言われ、現在は初見良昭ご宗家の「武神館」で伝承さRead More…