Tag Archives: 忍者

0612月/16

高木揚心流柔体術 総集編

「高木楊心流柔体術」は江戸初期に高木折右衛門が創始し、二代目高木馬之輔が全国を武者修行で廻り様々な流派を取り入れ大成されたと言われています。そして三代目高木源之進が九鬼神伝流の大国鬼平と試合をし、それが縁となり四代目を大Read More…

245月/16

戸隠流忍法 其之一

今回は、武神館武道体術士道師である手塚航先生に戸隠流忍法について話を伺いました。忍法と言えば忍者が使う華麗で不思議な技を想像しがちですが、実際は全く違います。まず「相手を殺すこと」が目的ではなく、「どんなことがあっても生Read More…

205月/16

戸隠流忍法 予告編

戸隠流(とがくれりゅう)忍法は、平安時代末期、戸隠山で修験道を学び、木曾義仲に仕えた仁科大助(戸隠大助)が源平合戦に破れた後、伊賀に逃れ、伊賀流忍術を取り入れて完成させたと言われ、現在は初見良昭ご宗家の「武神館」で伝承さRead More…

263月/13

武蔵流忍術 特別編 by 武蔵一族

1910年頃まで活躍していた忍者(隠密)、武蔵一族の忍術特別編。前回の動画から久しぶりの動画です。実は一緒に撮影はしていたのですが、肩甲骨の動きや亜脱臼の映像について「ここまではっきりした映像を流してよいものか?」と躊躇Read More…

052月/13

武蔵流忍術 其ノ六 by 武蔵一族

1910年ごろまで活躍していた武蔵一族棟梁柴田龍之丞(専一)氏のお孫さんである柴田バネッサさんの特別インタビュー第二弾です。柴田バネッサさんの曽祖父である柴田貞太郎剛中氏は1853年の黒船来航後の1862年から外国奉行とRead More…

251月/13

武蔵流忍術 其ノ五 by 武蔵一族

今回は1910年ごろまで活躍していた武蔵一族棟梁柴田龍之丞(専一)氏のお孫さんである柴田バネッサさんの特別インタビュー第一弾です。忍者は天下太平の江戸時代に活躍の場を失い、歴史から消えてしまったと言われていますが武蔵一族Read More…

151月/13

武蔵流忍術 其ノ四 by 武蔵一族

武蔵流忍術「体術」後編。忍者の特殊な身体操作法をご紹介します。まずは「体がカッチカッチに硬くなる」術。忍術ですから秘密を明かすことはできません。秘密といってもマジックのようにタネがあるわけではありません。特殊な訓練で体中Read More…

081月/13

武蔵流忍術 其ノ三 by 武蔵一族

武蔵流忍術「体術」前編です。忍者は人間の体は「こうすれば、こうなる。」という構造的なことを熟知していました。そのため自分より大きく力が強い相手でも簡単に倒すことができました。これは合気道の業にも通じているように思います。Read More…

2512月/12

武蔵流忍術 其ノ二 by 武蔵一族

今回は、「吹き矢」と「剣術」を紹介します。「吹き矢」は「息を吹くだけ」というイメージがありますが、矢だけではなく筒の口をつける部分にも毒が塗ってあったとなればどうでしょう?取り扱いは慎重になり、筒に口をつけないで吹かなけRead More…