2017年7月2日に行われた「第一回全日本琉球古武道選手権大会」師範演武より、今回は、琉球古武道錬武舘首席師範  全琉連公認八段範士 渡邊俊行先生の「浜比嘉のトンファー」をご紹介します。

その昔、空手発祥地の沖縄(琉球)では「空手と武器の両方を習得した者が武術家」と言われていたそうですが、渡邊先生の演武を見ていると、これほど空手と融合している武器はないと感じます。