2017年7月2日に行われた「第一回全日本琉球古武道選手権大会」師範演武より、今回は、琉球古武道普及会会長宗師範 全琉連公認八段範士 祖父江利久先生の「儀和の鎌」をご紹介します。

鎌と言えば、分銅による攻守が主となる鎖鎌を連想しますが、琉球古武道で鎌と言えば、この二丁鎌。これほど素晴らしい鎌の演武は、観られる機会が少ないと思います。