今回は「出刃」「入刃」「寄刃」「越刃」「合刃」「張合刃」をご紹介します。小野派一刀流の「とにかく前に出る」という特徴がわかります。最小限の動きで相手の刀を捌きながら攻撃する。この一連の流れが「とにかく前に出る」という表現になっているのではないでしょうか。今では、当たり前のように感じますが、400年以上前の実戦の場を想像した場合、斬るか斬られるかの場ですから「とにかく斬る」「とにかく守る」のどちらかの発想しかなかったと思います。

小野派一刀流の極意「切り落とし突き」は、見方によっては究極の防御&攻撃だと考えられます。

小野派一刀流