「体幹」がしっかりしていないと、走っている時に身体がぶれ、無駄な疲れにつながります。今回は、その「体幹を強化するトレーニング」と「脚の引き上げのための股関節のストレッチをご紹介します。

膝を上げる動きのポイント
①正しい姿勢からはじめましょう。
②脚を上げたら、グラグラしないように意識を集中します。ズボンのチャックを引き上げ、頭は常に上から引っ張られる意識で行います。
③お腹のチカラで脚を持ち上げ、誰かにお尻を後ろからすくい上げられるイメージです。
④足首にチカラを入れないで、必ずゆっくり行いましょう。
⑤戻す時も、ゆっくり丁寧に腰の位置を下げないように戻しましょう。

膝を上げた状態で股関節を開閉する動きのポイント
①しっかりとお腹のチャックを締めた状態を維持しながら、膝の開閉をします。
②膝の開閉の角度は、おへその向きを正面に保てる角度までで構いません。
③脚の付け根に力をいれず、ほぐすイメージで行ってください。

すべて左右3~5セット行ってください。いずれもゆっくり、正確に行いましょう。走る前に行うと、自然と身体が安定して走れますよ。

ご紹介した動きは、ほんの一部です。ご興味のある方は、毎週木曜日19時から皇居でピラティス・サーキット・ランを行っていますので、ぜひ一緒に走りましょう。
詳しくはオフィシャルサイトをご覧下さい。http://i-mayumi.gonna.jp/

市河麻由美