今年行われた第16回全日本短剣道大会には、台湾短剣道連盟から男子四名、女子二名の選手が初出場。監督は日本国内でも有名なフランス人武道家のバティスト・タヴェルニエ氏。今大会では男子選手の撮影機会がなく、団体戦女子の試合を少し撮らせていただきました。バティスト監督に話を伺ったところ台湾には短剣道はなく、今回の大会に向け半年掛けて特訓したとのこと。男子選手には剣道経験者がいますが、女子選手には剣道経験がなく全くの初心者からのスタートでした。中堅を欠く不利な試合となりましたが、練習環境が充分整っていない中、わずか半年でここまで善戦したことを見ると、今後の活躍が楽しみです。

全日本銃剣道連盟