2016年12月24、25日、キッコーマンアリーナにてクロスミントンジャパンオープン2016が開催されました。この大会は国際クロスミントン機構(ICO)公認の世界大会のひとつ。海外選手も出場しました。正式名称は「ICO スピードミントン ジャパンオープン2016」・・・あれ?と思う方もいると思います。そう、クロスミントンは、以前「スピードミントン」と呼ばれていたラケットスポーツです。

テニス、バドミントン、ラケットボールが融合したスポーツで、12.8m離れて設置された5.5m四方のエリアにスピーダー(バドミントンで言うシャトル)を打ち込むゲーム。何と言っても、そのスピードが魅力です。

2008年に日本に上陸したクロスミントンですが、この6年程の間に競技人口も増え、その競技レベルは確実に向上しています。

日本クロスミントン協会