今から260年程前、江戸城大手門の警備を任された美濃大垣藩士正木太郎大夫利充によって創始された「正木流萬力鎖術」。大手門門前を血で汚すことなく曲者を制圧するために考案されたのが70センチ弱の鎖の両端に分銅をつけたシンプルな武器と柔術を組み合わせた萬力術です。三本続けてご覧下さい。

正木会

其の二

其の三