私は、現役時代、故障に悩まされ続けていましたが、引退後ピラティスと出会い「故障の原因と改善法」や「自分の体をコントロールする方法」を習得しました。

ピラティス・サーキット・ランは、ピラティスとランニングをサーキットトレーニング方式で交互に行うものですが、屋外でマットを使わずにできることが特徴です。

ピラティスとランニングを交互に行うことにより、「腰を高い位置にキープし、脚が長い状態で走れる安全で力強い理想的なランニングフォーム」に必要な筋肉や自分の弱点に気づくことができます。

今回は、その一部をご紹介します。第一回目は「正しい姿勢とフォーム」です。具体的なトレーニング方法は2回目以降になりますが、正しい姿勢は基本中の基本です。是非、参考にしてください。

オフィシャルサイト:http://i-mayumi.gonna.jp/

市河麻由美

 

One thought on “市河麻由美 ピラティス・サーキット・ラン(1) 正しい姿勢

  1. 実際にピラティスサーキットランでトレーニングしている人の話を聞きましたが、本当に楽に走れるようになるみたいです。
    トレイルランをやっている方も、同じことを言ってます。

Comments are closed.