今回ご紹介するのは十手術の中から「送り足」。そして左手に十手、右手に鈎のない同寸法の萎えし(なえし)を持つ【双角】の中から「順手双角 一之形」をご紹介します。

「送り足」は、相手の攻撃を巧みに流しながら、反撃する素振りを繰り返し相手のバランスが不安定になった時に足払いで倒します。

【双角】は十手の二刀流のような術。左右の手を同じように動かせなければならないという熟練した技術が必要ですが、十手で相手の太刀を抑え、萎えしで攻撃する…これは相当強力な術だったでしょう。

今回の取材を通して、十手術の奥深さを感じました。技術面はもちろんですが、十手術の根底にある「生け捕り」にするという発想。日本の民力の高さを改めて感じました。

十手術を学びたい!生で見てみたい!という方は正木会へ。