今回ご紹介するのは十手術の中から「右入身」「連れ返し 五之形」「咽喉輪捕り」をご紹介します。

「右入身」は、相手の突きを流しながらの一撃後、素早く刀の鞘を利用し制圧する業。「連れ返し五之形」は、十手を掴みにきた相手に一撃した後、肘関節を極め制圧する業。「咽喉輪捕り」は、相手の太刀を裁きつつ蹴りや十手による打突でダメージを与えたり態勢を崩し、最後に咽喉を押さえる連続業。

今回ご紹介する十手術を見ていると、十手はあくまでも護りから攻めに素早く転じることができるように計算された武器•武器術であり、古武術で見られる柔術の要素も多く含まれているように感じます。

いずれにしても、太刀を相手にすることもあったわけですから、相当熟練した技術と勇気•度胸が必要だったはずです。

正木会