正木流萬力鎖術とともに併伝されている鎖鎌術の特徴は、鎖よりも積極的に鎌を使って攻撃すること。鎌の両側に刃があり、また持ち手を守る金具もついています。正に戦うための武器と化しています。この鎖鎌は先意流薙刀術の一部だったと言われています。先意流薙刀の詳細は不明ですが、そもそも薙刀は、織田信長以前の時代では凶暴極まる武器であったと考えられるため、もし、この鎖鎌術のルーツが同時代のものであったなら、薙刀同様の威力を発揮していたのかもしれません。

正木会