ここ数年、特に「関節が詰まる」「関節にスペースをつくる」というフレーズを耳にすることが多くなったと思いませんか?しかし1980 年代に、その事に気づいている方がいました。

ジュリウ・ホバス氏という優れたバレエダンサーがその人。自らの怪我を通して考案したジャイロキネシス・ジャイロトニックはヨガやピラティスの要素も含み、1980年代にニューヨークでダンサーを中心に広がり始めました。そして今、日本でも「関節に負担をかけない全身運動」として熱い視線が集まっています。

お楽しみに。

 Studio Naturalflow