シンクロナイズドスケーティングの第一弾です。神宮シンクロナイズドスケーティングチームのヘッドコーチ志尾佳津子先生とシニアチームコーチ関口知代先生に話を伺いました。

多くの選手は、子供の頃からのスケート経験者。しかし、そのほとんどはシングルの経験しかないので、16人で一緒に滑るのは非常に難しいそうです。特に日本の場合は、練習時間や場所などの練習環境に恵まれていません。それでも指導陣や選手が、陸上での練習時間を増やすなど、工夫して頑張っています。

元々日本人は団体競技に向いている民族なので、練習環境さえ整えば、一躍世界トップレベルに躍進するのは明らかです。そのためにも、シンクロナイズドスケーティングが早くオリンピック種目になり、注目競技になることを願います。

ちなみに、テレビや映像でしかスケートを見たことがない方は、ぜひ生でスケートをご覧下さい。ライブでこそ、その本当のスピードと迫力、その美しさを堪能できます。

 

神宮シンクロナイズドスケーティングチーム http://www.geocities.jp/icemessengers/

明治神宮外苑アイススケート場 http://www.meijijingugaien.jp/sports/ice-skating/

アスリートエール http://www.athleteyell.jp/