ベアフット(裸足)ランニングの第一人者吉野剛先生によるベアフットランニングPART-2です。ベアフットランニングをはじめる時の注意点をお聞きしました。子供に比べて大人の場合、今までの走ってきた経験や知識で得た固定概念を徐々に外していかなければなりません。そのためには、安全な硬いところで歩くことから始めます。

そして「どうしたら痛くない歩き方、走り方ができるか」を考えることが重要。雑誌等では、特徴をわかりやすくするために「前足部で着地する」と表現されることが多いのですが、ただ単に前足部で着地すれば良いというものではありません。身体全体を柔らかく使って、痛くない走り方、関節への衝撃などを感じない走り方ができるようになると、結果として前足部で着地するようになるとのこと。足の骨の数は56個(片だと28個)。全身の骨の数が208個と言われています。全身の1/4の骨が足の骨・・・その数だけでも足には私たちが忘れている素晴らしい機能が備わっていると想像できます。もしかしたらベアフットランニングで足の未知なる機能が目覚めるかもしれません。次回の動画はいよいよ実践です。お楽しみに。

 

日本ベアフット・ランニング協会 http://www.hadashirunning.jp/

体験したい方は、4月21日、22日にイベントがあります。

http://www.hadashirunning.jp/blog/2012/04/421the-share-barefoot-run.php

http://www.barefootinc.jp/event/2012/04/422in.php