現在、琉球古武道という名称がありますが、本来沖縄では空手と古武術を切り離して考えることはできなかったという。両方できて初めて真の武術家・武道家と言われたそうだ。そのため沖縄空手(上地流・剛柔流・小林流など)の有段者の方々も流派を超えて琉球古武道の稽古に励んでいます。

今回紹介するのは琉球古武道の中でも、アクション映画などによく登場する「ヌンチャク」の型のひとつです。琉球古武道にヌンチャク?・・・少し不思議ですが、琉球王朝という独立国があったことをあらためて感じることができる代表的な武器です。

撮影余話:今回撮影にご協力いただいた與儀會舘の練習には小中高校生も参加しています。その真剣な態度、体のキレには驚くばかり。正に琉球古武術ではなく琉球古武”道”であると実感しました。また今回お話しを伺った漢那先生は、琉球古武道で使用する武器も手作りされているそうで、今度は武器の話をお聞きしたいと思いました。

國際上地流空手道・琉球古武道 與儀會舘 http://www.ryukyukobudo.net/